« 夏祭り | トップページ | ラブリーな関係 »

2007年8月 4日 (土)

躁うつ病と痴呆症と脳腫瘍

皆さんの大切な人、大事に思いやっていますか?
その日は突然やってくるものです。

私は今までにお葬式に幾度となく出る機会がありました。
祖母の、お友達のお母さんの、同級生の、、、
今考えると、とても悲しいことだったけれど、その悲しみの深さを分かってなかったなーと、、、それはもしかしたら式にしか出てないからかなーと。毎日目の当たりにしないからかなーと。そしてやっぱり他人事だったのかなーと。

そんな中、変化がありました。母の母、祖母の様子がなんだか変なのです。今、祖母の家はプチリフォームが終了。しかし、リフォーム工事中、祖母の様子が日毎におかしくなるので、我が家でも気をもんでおりました。

・人間不信:業者さんの出入りがあるので家を空けることは心配(コレは納得できます)。
・物忘れ:家から出ることはないのにも関わらず、通帳のしまう場所を変えて(業者さんの出入りがあるために)、必要なときに何処にしまったか忘れてしまう(コレも物忘れの範疇でしょう。納得)
・電話をかけたことを忘れる。一日に3回もかける。
・話し方が以前と違う(テンションが異常に高い。)
・感情の起伏が激しい
・パニックになる
もっともっと沢山の事項があります、、
すぐに疲れたといってはソファーに横になる、
車を降りるときにスリッパが脱げたことに気付かず、素足のまま歩く、
買い物にスーパーに一緒に行くとフラフラ、、
一方の肩が下がり、すり足で歩く、
夜中に近くのお墓に入り込む、、と書ききれません。。。。。
こんなことは絶対にないだろうという人でした。
今まで一度たりともしたことがない行動でした。
こんなことから、過度のストレスによる痴呆症状が現れたのかと、心配していました。まさに絵に描いたような痴呆症状。
祖母は本当に昔からチャキチャキした人で、魚津で言えば"キトキト"が似合う人で、計算だって、動きだって俊敏で、だから、ココ1ヶ月ほどの様子があまりに???なので、躁うつ病の入り口か、痴呆症が進行したものとばかり思っていました。

でも、祖母の痴呆症に似たおかしな様子は二次的なもので、
脳腫瘍とのことでした。年ということに惑わされすぎた結果、根源である病気の進行に誰も気付いてあげることができませんでした。

祖母は大きな病気を受け入れることができないといっています。
今とても弱気になっています。
でも、まずは自分が生きたいと願って欲しい。
『病は気から』本当にそう思うのです。ばあちゃん頑張って!!!
私にできることは何なのだろう?
病気に打ち勝った祖母を想像し、口に出して、感謝することかもしれない。

|

« 夏祭り | トップページ | ラブリーな関係 »

コメント

先週は、楽しかった。また、遊ぼうね(^^)

おばあちゃん大変だね・・・読んでいてとても胸がつらくなった・・・

でも、私ごときの経験ですが、大変なときこそ、楽しいこと、うれしいことを考えて、笑顔がとっても大事! なんていっていいかわからないけど、大丈夫大丈夫と自分に言い聞かせ、ノー天気な笑顔を振りまくことかな? 

あとは、つらいときは、つらい気持ちを誰かに聞いてもらうとらくになるかな?とってもつらいときは、泣くことも大事だと思う。


偉そうなことを書いたけど、あまり考えこまないでね。
SYASYAママも、無理しないでね とお伝えください。

大丈夫大丈夫、おばあちゃん、元気になるよ!!

お大事に・・・

投稿: 左右のママ | 2007年8月 6日 (月) 14時38分

う~ん、去年のうちの祖母ちゃんの事を思い出しました。
突然に入院し、元気でピンピンなイメージしか無い御祖母ちゃんだったけど、
亡くなるまでは本当に早かった。
けど、この時があったから、自分たちが大きく成るまで、
無限の愛を注いでくれたお祖母ちゃんに、逆に恩返しする時期になり、
家族が一丸となって沢山の愛とエネルギーをお祖母ちゃんに注ぎ、
元気で居て貰いたいと願う心が団結した時だったよ。
闘病生活の中で、いつまでも気丈で前向きに
「5年10年先まで生きるばい」
と生きようとするお祖母ちゃんの気持ちを
皆が感じ楽しく、勇気を貰い、いつまでも笑顔が絶えなかった。

お祖母ちゃんの病気を家族が受け入れて、特別出来ない事があっても

愛と笑顔を忘れずに!

投稿: ごめ | 2007年8月 6日 (月) 23時22分

>ごめちゃん。右左のママさん。へ
ありがとう。
大切な人を亡くすこと、
2人とも体験しているんだよね。
「家族みんな笑顔でいること。」
コレに尽きるね。
元気になって、
リフォームが済んだきれいな台所でご飯を食べること、
極楽風呂に入ること、
を願っているので、早く戻ってきて欲しい。

残された時間を知って初めて、
本当の意味でばあちゃんの存在の大きさと有難さを感じる毎日です。
私にできることは
絶え間ない笑顔だけやから、貫き通すね!!

ありがとう!!!

投稿: SYASYA | 2007年8月12日 (日) 16時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103246/7400707

この記事へのトラックバック一覧です: 躁うつ病と痴呆症と脳腫瘍:

« 夏祭り | トップページ | ラブリーな関係 »